赤ちゃん専用の洗濯洗剤|肌トラブルを防ぐ

便利なアイテムです

親子

最近では授乳する女性が増加したことによって、さまざまなデザインの授乳服が販売されるようになりました。購入する際には、しっかりと前が開くものや下着が見えない構造のものを選択することをおすすめします。このようなアイテムを選択することで、母親も赤ちゃんにもストレスが少なくなります。

もっと知ろう

服やタオルを洗うとき

乳児

赤ちゃん日焼け止めおすすめランキング

赤ちゃんに日焼け止めを塗ると、肌トラブルを未然に防ぐことが出来ますよ!優しい素材が使用されているものを選びましょう。

ベビー服に最適な洗い方

自然派の洗濯洗剤や、赤ちゃん服にも使える柔軟剤などが宣伝されています。それだけ、合成洗剤や柔軟剤は基本的に刺激の強いものということです。赤ちゃん向けには、合成洗剤や柔軟剤を使うのはなるべく控えて洗濯するのが鉄則です。できれは赤ちゃんのものと大人のものを分けて洗濯し、一緒に洗う場合はすすぎをしっかりしましょう。また、母乳やミルク、オムツの汚れなどが服や布団についてしまうのも、赤ちゃんの服の特徴です。ミルク汚れはたんぱく質が主なものなので、なるべく早くぬるま湯でこすり洗いをすると落ちやすくなります。熱湯につけるとたんぱく質が固まってしまいます。たんぱく質を落としやすい重曹やセスキ炭酸ソーダをつけおきに使うと簡単です。

刺激の少ない洗剤の類

赤ちゃんの中でもアトピーなど特に肌の弱い子には、ベビー用オーガニック洗濯洗剤などがあります。合成洗剤に多い漂泊成分、蛍光剤、合成界面活性剤、香料などが入っていなく、肌着やタオル、シーツなど頻繁に肌に触れるものでも安心です。石鹸は昔から使われてきて、洗濯以外にも掃除、体を洗うことなど非常に多くの用途があるので見直されているものです。洗剤のように刺激の強い成分がなく、赤ちゃんのものにも安心と言われています。どの洗剤を使う場合も、すすぎをしっかりすることが重要です。目に見えないので解りにくいですが、衣類に残った成分は知らないうちに赤ちゃんを刺激して、アトピーやアレルギーの原因になる恐れもあると言われています。

赤ちゃんとの移動手段

赤ん坊

日本にはない見た目や斬新な発想の海外メーカーのベビーカーは最近人気が高まっています。カラーリングや見た目だけでなく、安定さや親とのコミュニケーションのとりやすさなど様々な視点から使いやすさを考えられています。

もっと知ろう

赤ちゃんが飲みやすい瓶

赤ちゃん

哺乳瓶は最近いろいろに進化していて、現在は母乳に近い吸い心地の乳首のものが人気が高くなっています。哺乳瓶の消毒方法には、簡単ながら火を使う煮沸と、薬剤が必要ですが付いていなくていい薬液消毒があります。

もっと知ろう

おすすめ関連サイト集

  • 西松屋

    年齢や子供のタイプに合わせて選べるベビーカーの情報がこちら。赤ちゃんのことを考えたおすすめアイテムが充実していますよ。