赤ちゃん専用の洗濯洗剤|肌トラブルを防ぐ

赤ちゃんが飲みやすい瓶

赤ちゃん

ミルクと母乳を並行するやり方

初めての赤ちゃんが生まれる場合、生まれたときから必要になるグッズを揃えないといけません。その一つが哺乳瓶です。哺乳瓶も、実は昔に比べいろいろな進化を遂げています。昔はガラスばかりだったのが、プラスチックも主流になっています。軽くて、飲ませるお母さんも楽で、割れる心配がなく、持ち運びにも便利です。赤ちゃんが自分で持って飲むときにも安心です。一番の進化は、母乳の感覚に近い飲み心地の乳首が増えていることです。母乳と並行して使いたい場合、哺乳瓶の方が飲みやすいと母乳を飲まなくなったり、逆に哺乳瓶が嫌いになる赤ちゃんも多くいるそうです。乳首の形状や吸い心地を母乳に似せたものが、赤ちゃんも安心して飲めるようになっています。

消毒の方法について

哺乳瓶は使う前に消毒が必要になります。消毒をすべきなのは、赤ちゃんの抵抗力が少ない最初の3ヶ月くらいで、4ヶ月目や半年くらいで消毒をやめるお母さんが多くなります。哺乳瓶で一番簡単なのが煮沸消毒です。沸騰したお湯に入れて10分くらい煮沸します。哺乳瓶の素材が耐熱である必要があります。プラスチックの哺乳瓶でもしやすいのが薬液による消毒です。これは決められた時間つけておくだけで、そのあと水で洗わなくても使えるものもあります。薬液消毒は、煮沸消毒のように火のそばにつきっきりにならなくていいですが、薬液を買いだめしておく必要があるでしょう。